重要なお知らせ

alerticonスクリーニング学研究会HPは移転しましたalerticon

ここは旧ページで現在更新されていません。新ホームページをご利用下さい。
新HPでの第2回研究会(記録)ページの場所は下記URLになります
[第2回研究会(記録) - スクリーニング学研究会](新HP)
新HPトップページ:http://screenology.org/
④今後のテーマとして、特に興味あるもの・取り上げて欲しいもの
next_theme
next

[自由意見、感想]
・特にメドケムの為
・今のままのHTSでは生産性低下のため存続が難しいように思います、
 何が生産性の律速なのか、そこにスクリーニング学が何を提示できるか議論できれはと思います。
・PPIの失敗例を知りたい。
・HCS技術を使った、Phenotypic Assay の今後の進歩について、継続してお話伺える機会があればうれしいです。
・IPS/ES細胞のスクリーニング応用について特に興味があります。
・各種ツールの使い方のノウハウ、良し悪し。今回のTrackBではEchoで盛り上がって良かった。
・ターゲットバリデーション
・論文等では、分からない事がなどが聞きたい。
・擬陽性を除く手段についてより深く議論してみたい。
・アッセイ系や技術についてのWSTrackに参加してみたかった。HCS等の話を聞けて大変良かったです。
・最近の創薬標的の傾向、スクリーニング方法のトレンド/成果が聞いてみたいと思います。
・ヒットtoリードのフロー、項目などをopenに出来る範囲で教えて欲しいと思います。
 また、ケミストが参加するタイミングを教えてください。
・企業がライブラリの収集をどこまで開示するか、分からないが是非実現して欲しい。
・Cell Base assayからin vivo assay に進めるときの障壁を乗り越えた話など聞きたい。
・化合物ライブラリデザインとするためのインフォマティクス。IPSのつづき。
・HTSの将来性。創薬研究生産性とHTSに関わる内容。
・今後どの様にベンダー・学生等にも参加してもらうかが課題でしょうか
・Cell-based assayについて聞きたい。

⑤今後の研究会にて、講演会で話しを聞いてみたい講師や内容

・産総研 H先生
・T社さんの生々しい話。in silico系、計算化学のスクリーニング、HTS適用など
・IPS/ESを使ったスクリーニングの実例
・合成た薬理の方が増えたら面白いですね。
・Phenotype assayでのHTS
・T社の方の話を聞く機会はなかなかないので武田でのスクリーニングの話など。
・本日はありがとうございました
・海外メガファーマのHTS現状。
・HTSを離した企業(Novo等)の見通し感、その理由→現段のHTS創薬の課題を探る。
・新興国(中国、韓国、台湾)等の創薬においては、HTS/スクリーニング(手法)とその目標
・合成、評価者が考える化合物の管理の問題点、要望
・アカデミアの事例
・フェニタイプにもとづいたスクリーニング。GPCRにどう取り組むか
・天然物由来サンプルを用いたスクリーニング、保存方法
・分子間相互作用のトレンド。ハイコンツスクリーニングの活用方法。
・新規標的の探索
・Phenotypic screening/Target oriented screenigにおけるHTS業務の役割
・T社さんの話を聞いてみたいです。
・スクリーニングから化合物のヒットまでの実例
・リキッドハンドリング(チップ使用、ECHOなど)の評価方法、テクニックなど。
 スクリーニングロボットの動作スケジューリングのソフト的な技術紹介
・スクリーニングの成功例、失敗例(どこがポイントになったか等を中心に)
・理研創薬PJ, O先生

以上、アンケート結果
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

この記事へのコメント

苍天有眼啊,让我在有生之年得以观得如此精彩绝伦的帖子。
日本艺伎倒模 https://www.sesexy.com/prolist.25.html
日本艺伎倒模 メール ホーム 2016/03/24(木) 09:17 編集 削除

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください