重要なお知らせ

alerticonスクリーニング学研究会HPは移転しましたalerticon

ここは旧ページで現在更新されていません。新ホームページをご利用下さい。
新HPでの第3回研究会(記録)ページの場所は下記URLになります
[第3回研究会(記録) - スクリーニング学研究会](新HP)
新HPトップページ:http://screenology.org/

namiki
「化合物ライブラリー構築方法」の変遷と、現在の市販ライブラリーの動向
ファインケミカル事業部 創薬化学品部
赤羽 佑介

High Thoroughput Screening(HTS)用のロボットが創薬の現場に導入され、
よりスピーディーに化合物の評価が行われるようになって以降、様々な方法論、
また研究方針の下、化合物ライブラリーの拡充が進められて参りました。
過去、コンビナトリアルケミストリー(系統的な合成法に基づいた組合せ合成)の下
で、大規模なライブラリー化合物合成が行われてきましたが、
近年ではよりユニークかつ、多様性の高い、また物性面(水溶性等)でも意味のある
化合物ライブラリーである事が追い求められており、
他、Hit後の展開の効率・方法論等も加味したような、創薬初期段階に求める分子の
資質につきましても議論が深まっている所ではあります。
また、コンピューターを活用したインシリコスクリーニングの進歩もめざましいもの
があり、効率面の追求も大きく進んでいる状況です。

弊社では、これらの動向を商社的な立場で捉え、
上記のような“求められる要件”を踏まえた化合物ライブラリーの販売を過去多数
行ってきており、
本チュートリアルでは、それらの状況も交えた、ライブラリーとして必要とされうる
要素をお伝え出来ればと思います。

以上
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください