重要なお知らせ

alerticonスクリーニング学研究会HPは移転しましたalerticon

ここは旧ページで現在更新されていません。新ホームページをご利用下さい。
新HPでの第4回研究会(記録)ページの場所は下記URLになります
[第4回研究会(記録) - スクリーニング学研究会](新HP)
新HPトップページ:http://screenology.org/

タイトル:「低分子化合物の測定でSPR/ITCをうまく活用するためには?留意点の理解と対策」

講師: GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ライフサイエンス統括本部
     三谷 知也様

内容: 
 表面プラズモン共鳴(SPR)や等温滴定型カロリーメーター(ITC)は、現在低分子医薬品のスクリーニングや最適化に日常的に応用される技術となりました。これは感度の向上だけでなく様々な測定技術に関する発展があったためといえます。
本チュートリアルでは、
SPRとITCの基本的な原理に加えて、低分子化合物測定の発展の歴史の中でいくつかの象徴的な測定例を提示することで、
両技術を組み合わせながら測定するときにどのような留意点や利点があるのかを基本的な事柄からお伝えいたします。
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.