重要なお知らせ

alerticonスクリーニング学研究会HPは移転しましたalerticon

ここは旧ページで現在更新されていません。新ホームページをご利用下さい。
新HPでの第4回研究会(記録)ページの場所は下記URLになります
[第4回研究会(記録) - スクリーニング学研究会](新HP)
新HPトップページ:http://screenology.org/
Cell-based assay (Advanced) HCS/HCAを中心に

司会進行: アステラス製薬㈱ 分子医学研究所 創薬イノベーション研究室 河邉哲寛様
        中外製薬㈱ 研究本部 探索研究部 妹尾千明様

ターゲットとする参加者; HCS/HCAの使用経験者、フェノタイプスクリーニングの経験者、及びこれらに関心のある方

近年、化合物スクリーニングの一つの方法として蛍光物質で細胞を染色しそのイメージを大量に自動取得・自動解析するHigh
Content Screening/Analysis (HCS/HCA)という手法が注目されています。
本ワークショップではHCS/HCAをキーワードとし、イメージャーや自動化システムといったハード部分だけでなく、使用する細胞や蛍光染色法等のWetな手法、あるいはイメージ解析、データストレージ、マルチパラメーターデータ解析のようなDryな手法についても対象範囲にしたいと考えています。限られた時間ですので、参加者の皆様の興味のある部分にフォーカスし、最終的にはイメージングによるフェノタイプスクリーニングについて皆様の経験値を基に深いディスカッションが行えればと考えています。
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.