重要なお知らせ

alerticonスクリーニング学研究会HPは移転しましたalerticon

ここは旧ページで現在更新されていません。新ホームページをご利用下さい。
新HPでの第4回研究会(記録)ページの場所は下記URLになります
[第4回研究会(記録) - スクリーニング学研究会](新HP)
新HPトップページ:http://screenology.org/
Cell-based assay (Basicd) -キーポイントやトラブル対策-

司会進行: 塩野義製薬(株) 創薬・探索研究所 先端創薬推進部門長 武本浩様
        第一三共RDノバーレ(株) 創薬基盤ユニット 生物評価研究部 HTSグループ 村越路子様


ターゲットとする参加者: セルベースアッセイの経験があるもののランダムスクリーニングは未経験、
                あるいは、立ち上げたばかりでいろいろな問題に悩んでいる、
                というような、これからランダムスクリーニングに取り組もうという方

 セルベースアッセイを開始するにあたって、気をつけるべきポイントや予想されるトラブルについて、
アンケートを元にランダムスクリーニングで直面する(している)問題の抽出・共有化を行いながら、
ディスカッションを通じた横のつながりを形成することも目標としています。
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.