重要なお知らせ

alerticonスクリーニング学研究会HPは移転しましたalerticon

ここは旧ページで現在更新されていません。新ホームページをご利用下さい。
新HPでの第4回研究会(記録)ページの場所は下記URLになります
[第4回研究会(記録) - スクリーニング学研究会](新HP)
新HPトップページ:http://screenology.org/
化合物管理Advance -変化への対応-

司会進行: アステラスリサーチテクノロジー㈱ 探索研究部 資源担当 八尋 清様

内容:
化合物管理を継続していくにあたり、さまざまな環境変化への対応が求められます。
例えば、 
 -保有化合物の増加や再編、化合物管理の集約化(分散化)
 -コンプライアンス強化や規制への対応
 -高質化・高密度化・高速化など技術進歩への要求と対応
 -化合物管理システム・連携システムおよび該当設備等の老朽化に伴う対策(保守/更新)
 -等々

コスト抑制が要請される中、変化への柔軟な対応への工夫について議論できればと思います。
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.